Macでスクリーンショットを撮るなら「プレビュー」を使おう


かねてから、Mac標準のアプリ「プレビュー」はデキるやつだと思ってました。
Acrobat Readerよりずっと軽くPDFを見られるし、どんなアプリケーションのプリントプレビューも文字通りこいつで確認できるし、画像ファイルはとりあえずこいつで開けば間違いない。
しかも、WordやExcelのファイルも、完全ではないにしてほぼちゃんとプレビューできてしまう、その名に恥じない万能さです。
(写真の一覧――いわゆるスプレッドシート――が作れなくなったのだけが残念だけど)

プレビューでスクリーンショットまで撮れるとは


Mac付属のアプリケーションでスクリーンショットといえば「グラブ」だと思っていました。
ただコイツ、キャプチャーした画像をなぜかTIFFでしか保存できません。そのままウェブに上げられないので、いちいちPhotoshopで変換してたわけですが…いい方法がないかとググってみたらなんと、

How to change default file type for Grab?

プレビューでスクリーンショットが撮れるじゃありませんか。気づかなかった!

しかも、プレビューは、JPEGや透過付きPNGやPDFに書き出すことができる!素晴らしい。
機能としてもちゃんと、全画面キャプチャー(カウントダウン付き)、ウィンドウを選択してのキャプチャー、範囲選択をしてのキャプチャーと一通り揃っています。

Photoshopの条件付きアクションのときもそうだったけど、しょっちゅう見てても、そういう機能があると思ってみていないので、メニューがまったく目に入っていませんでした。

あばよグラブ、よろしくプレビュー。


このページをみんなにシェアする

お問い合わせ

ファイルサイズが大きすぎます。